DAZNのクルクル問題対策 原因と解決方法は?

DAZNを視聴中に突然画面中央にクルクル回る丸印が現れ、動画が止まってしまう問題を経験したことはありませんか。この「クルクル」問題の原因は何か、解決法や対策はあるのか?DAZNをより快適に視聴するために、この原因を取り除き解決する方法や対策法をご紹介しましょう。



スポンサードリンク


DAZNの「クルクル」問題とは?

DAZNは英国の動画配信大手パフォーム・グループが手がける、スポーツ専門のインターネット配信サービスです。サッカー・Jリーグと2017年から10年間の大型放送契約を結び、昨シーズンからJ1、J2、J3の全試合の生中継を始めたことで、とりわけサッカーファンの注目を集めました。

ところがいきなり、昨年2月のシーズン開幕の日、多くの視聴者の端末で映像が頻繁に止まってしまう「丸がクルクル」の障害が発生しました。

視聴者から寄せられた苦情によると「試合中に何度も映像が止まる」、「紙芝居のようにカクカクとしか再生されない」、「画面に霧がかかったようになって見えない」など、現象はさまざまでした。

また「最初からいくら待ってもクルクル状態でつながらないので、もう見るのをあきらめた」といった声もありました。DAZNでは、見られないサッカーの試合を途中から別のスポーツに差し替えたり、他のサイトで代替配信するなどの緊急対応をとりました。

その後パフォーム側は、システムを増強するとともに、一部の作業を手動化するなどの技術的な対策を講じ、こうした広範囲な障害はおおむね解消されました。

現在でも海外のサッカーの試合中継などで、まれに似たような障害の発生が報告され、DAZNではサイト上でその都度情報を公開しています。ただ昨年夏頃、私が実際にMLBやプロ野球の中継を視聴した限りでは、そうしたストレスはほとんど感じませんでした。

DAZN側のシステム的な問題に起因する障害としては、現在はほぼ収束に向かっているといえるのではないでしょうか。

DAZN「クルクル」問題の原因は?

DAZNの当初の大規模な不具合は、パフォーム側の説明によると、DAZN内部の技術的な問題によるものとのことでした。

Jリーグの試合はJリーグ自身が中継や制作を担当し、その画像をいったんDAZN側へ送ります。そしてDAZNでその映像をネット配信用に変換し、各視聴者へ配信する仕組みです。この変換の過程でプログラム上に問題があり、障害につながったとされています。

こうした事業者側の技術的トラブルの場合、率直に言ってユーザーとしてはなすすべがありませんが、実は「クルクル問題」は視聴者側に原因がある場合もあるのです。

DAZNのケースでは、ファン注目の新サービス開始時に広範囲に問題が発生したため、たまたまクローズアップされました。しかし映像が止まるこうした現象は、ネット特有の事情ともいえ、どんな動画配信サイトでも起こり得る問題です。

ユーザー側の原因としては、主として「回線速度が遅い」、「回線が混雑している」、「Wi―Fiの不具合」が考えられます。もちろんPCやスマートフォン自体の故障もあり得ますが、ここでは前段の通信環境の問題を取り上げましょう。

どの原因にも共通しますが、そもそもネット配信は「道路」に例えることができます。ネットでは多くの情報(=車)を回線(=道路)を通じて受け取ることで文字や画像、動画が再現されています。



スポンサードリンク


道路の幅が狭いのにたくさんの車が殺到すると大渋滞となり、車は全く進みません。一方、信号のない幅広い高速道路ならかなりの数の車でも高速で走れます。もっとも盆暮れなどあまりに車の量が多いとさすがの高速道路でも渋滞します。

ネット配信もこれと同じで、使用の時間帯や状況によっては「渋滞」が起き、速度が落ちます。大人気コンテンツで視聴が集中する場合や、周囲でたくさんの人が一斉にアクセスしているときなどです。

有線LANに比べ無線LAN、つまりWi―Fiはそうした混雑に影響されやすく、速度の安定性では有線より劣るといえます。また高画質の映像ほど受信する情報量が多いため、速度が落ちる可能性があります。

ちなみにDAZNでは標準画質の視聴の場合5Mbps、HD画質では9Mbpsの回線速度を推奨しています。これは最低限の数値であり、実際には20~30Mbpsほどはないと安定的には視聴しにくいといえるでしょう。

「クルクル」問題の対策や解決方法は?

ではこうしたユーザー側の「クルクル」問題を解決する方法や対策には、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、視聴時の回線速度がどのくらいあるのかを把握することが重要です。動画配信サイトなどでは、今の通信スピードを無料で簡単にチェックできるサービスがあります。ネットで検索すればすぐに見つかりますので、「クルクルがよく出る」という場合には時折試してみることをおすすめします。

速度が非常に遅いときは、やはり回線の混雑が原因の第一に考えられます。有線LANを利用している場合であれば、現在加入のプロバイダーや通信会社のサービスを確認する必要があります。

動画視聴には「光回線」が必須です。マンションなどではそれでも混雑により速度が落ちることもあります。現在ではネットTVなど向けに下り最大2Gbpsといった相当高速のサービスもありますから、あまり速度低下が著しい際は乗り換えも検討テーマといえます。

ご家庭や外出先ではWi―Fiでスマホや動画を利用されている方も多いでしょう。Wi―Fi使用時に重く感じるときは、次のことを試すと改善される場合があります。

まず同時に使用している他のスマホやPC、タブレットなどの接続をいったんすべて切ります。これにより自分の端末で回線を占有できるからです。またルーターの電源を一度落とし、再起動させるとよくなるケースもあります。

複数の電波を受信できる環境にあれば、接続先を別のIDに変えてみると改善されることがあります。またルーターのソフトウェアは随時更新されていますので、最新のソフトになっているか、Wi―Fi提供会社などのサイトで確認し、ダウンロードする作業も重要です。

まとめ

DAZNの映像が止まる「クルクル」問題は、当初広範囲に発生しましたが、これは事業者側の技術的問題が要因でした。その後はシステム上で対策がとられ、解消に向かっています。

一方、ユーザー側の原因によるものには、回線混雑やWi―Fiの不具合などが考えられます。速度をチェックし、高速回線への契約変更、Wi―Fiの使用環境改善やルーター再起動といった対策を講じれば「クルクル」を防げる場合もあります。



スポンサードリンク


【追記】

DAZNに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ初月無料キャンペーンをDAZNは開催中です。このお得な初月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

3分もあれば視聴を開始できます。

[PR]
⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

DAZNの無料体験についてもっと詳しい情報を調べてから試してみたいという人は、別のページにDAZNの無料体験について詳細をまとめておいたので、まずはそちらをチェックしてみてください。

自分にとってDAZNの無料体験が試す価値があるかどうかわかりますよ。

⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする