DAZNで中村憲剛の2018年の活躍を見よう

DAZNの2018年CMに川崎フロンターレの中村憲剛選手が出演しています。

DAZNの2018年CMは、サッカー界からは三浦知良選手、槙野智章選手、内田篤人選手、解説者のセルジオ越後氏といった有名人が出演しています。そんな有名人に混じって、DAZNのCMに、一般の人にはあまり知名度が高くない川崎フロンターレの中村憲剛選手が登場です。

それには納得の理由があります。そしてそんな中村憲剛選手の活躍を見届けるにはDAZNが最適な理由もあります。



スポンサードリンク


DAZNでも注目すべし日本人受けのするサッカー選手「中村憲剛」

中村憲剛選手はJリーグのトップ選手

中村憲剛選手に対する印象、サッカー好きの人でない限り「この人誰?」っていう感じでしょう。2006年から日本代表に選出され、2013年までに国際Aマッチ68試合に出場し6得点も挙げているという、サッカー選手としてはなかりの実力者です。2003年に当時J2だった川崎フロンターレに入団しすぐにレギュラーを掴むと、以来15年に渡り川崎フロンターレの中心選手として活躍しています。2016年にはJリーグのMVPにも選出されています。2018年の川崎フロンターレのJ1リーグ優勝の時も、もちろん中心選手として活躍しました。

Jリーグでの活躍度はトップレベルで、ルーキーとして入団したチームに一貫して在籍していて、37歳という年齢になっても未だチームの中心選手として活躍しているなど、日本人なら誰でも好きになる要素を持った選手です。

川崎フロンターレというチームがあまりメジャーじゃなかったことから、中村憲剛選手も一般メディアへの登場機会が少なく、サッカー好き以外の人には地名度はあまり高くありません。川崎フロンターレも2017年にJリーグチャンピオンになり、今後は中村憲剛選手も川崎フロンターレも地名度が上がっていくことでしょう。



スポンサードリンク


中村憲剛選手のプレースタイル

中村憲剛選手のチームでの役割は、ピッチの中盤で相手の攻撃を摘み取り前線の選手にパスを送る役目です。ゲームを組み立てるというとても重要なポジションで働いています。中村憲剛選手は、2012年にはJ1リーグのアシスト王に輝いたこともあり、Jリーグを代表する司令塔です。

中村憲剛選手を活躍を見るのならDAZNがオススメ

川崎フロンターレのホームスタジアムはちょっと見づらい

中村憲剛選手を見るには、川崎フロンターレの試合を見ることになります。川崎フロンターレのホームグラウンドである等々力陸上競技場は、陸上競技との兼用スタジアム。

サッカー専用スタジアムとは違って、ピッチと観客席の間に陸上トラックがあって観客席から選手が遠いです。ピッチに近い一階の観客席は傾斜がゆるやかで、さらに選手が見づらいです、サッカーの臨場感があまり感じられないスタジアムです。選手をよく見たいのなら、双眼鏡で2階席で観戦したほうが良いくらいです。

スタジアムで見づらければDAZNで選手を間近に見よう!

選手が見づらいスタジアムならば、中村憲剛選手の活躍はDAZNで楽しみましょう。DAZNのJリーグは2017年シーズンからカメラが3台追加され、さらに臨場感の高い中継が楽しめるようになりました。

DAZNのJ1リーグの中継には、そのカメラの台数により「STANDARD」、「SPECIAL」、「PREMIUM」の3つのカテゴリがあります。PREMIUMカテゴリのカメラは18台!。STANDARDの12台から6台も多いカメラ数で、さらに中村憲剛選手を間近に見ることができます。

臨場感が高いDAZNで中村憲剛選手を活躍を見よう

臨場感の高い中継のDAZNなら、観客席からピッチが遠い等々力陸上競技場でプレーする中村憲剛選手も、間近で臨場感高く見ることができます。スタジアムで見るより、DAZNで見る方がより高い臨場感を楽しむことができます。



スポンサードリンク


【追記】

DAZNに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ初月無料キャンペーンをDAZNは開催中です。このお得な初月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

3分もあれば視聴を開始できます。

[PR]
⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

DAZNの無料体験についてもっと詳しい情報を調べてから試してみたいという人は、別のページにDAZNの無料体験について詳細をまとめておいたので、まずはそちらをチェックしてみてください。

自分にとってDAZNの無料体験が試す価値があるかどうかわかりますよ。

⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする