DAZNの4K画質への対応はいつから?

ハイビジョンよりはるかに高精細な4K画質。生観戦に近いような臨場感から、特にスポーツ中継の4K対応にはユーザーの期待が高まっています。スポーツ配信が専門のDAZN。DAZNの4K画質への対応はいつになるのでしょうか。



スポンサードリンク


DAZNの4K画質化はいつ?

では、スポーツ専門にネット配信しているDAZNの4K対応はどうなっているのでしょうか。

DAZNでは昨年から矢継ぎ早に、各メーカーの4Kテレビへの配信対応を行っており、現在は着々と4K画質配信への準備を進めている段階にあるようです。

昨秋開かれた、ある業界内の会合で、DAZNを運営するパフォーム・グループのCTO(最高技術責任者)は、今年以降の映像の高画質化に意欲を示しました。

それによると、DAZNでは4Kへの対応とともに、HDR(ハイダイナミックレンジ)という技術の導入を1年以内に実施したい、としています。

HDRとは、冒頭にご紹介した映像のきれいさを示す指標の一つで、明暗をクリアに映し出す高い輝度が特長です。

業界全体の動きと歩調を合わせ、DAZNの映像の高度化も今後加速するのは間違いなさそうです。

きめ細かさに優れた4K画質

映像の美しさを示す指標にはいくつかの種類があります。4Kとは、このうちの解像度を表す度合いのことです。テレビやモニターの画面は小さな画素の集まりによってできていますが、この画素数が多いほど解像度が高いということになります。

4Kはフルハイビジョンの4倍もの解像度があり、非常にきめが細やかで、くっきりとした映像を見ることができるのが特長です。

4Kを大画面のモニターで見ることができれば、映画やドラマなどのコンテンツはもちろん、とりわけスポーツ中継の場合、あたかも試合会場に自分がいて、プレーを間近で見ているかのような迫力が味わえるため、ユーザーの期待は大きいようです。
 



スポンサードリンク


ネットやテレビの4K対応の現状は?

4Kの映像を見るためには、4Kに対応したテレビやモニターと、放送の場合は専用のチューナーも別途必要です。

家電メーカー各社は、これまですでに多くの4K対応テレビを発売しており、家電量販店の店頭では今やテレビコーナーの主流になっているといえます。

しかし、現在のテレビ放送などを4Kテレビで映せば、それで4K画質を楽しめるのかというと、そうではありません。4K映像を見るためには、映像自体も情報が4K化されている必要があります。これはインターネットのコンテンツ配信サービスも同じです。

現在、ネット動画配信では、アメリカの「ネットフリックス」などいくつかのサービスで4K化された映像が配信されています。しかし、テレビ放送も含めた映像コンテンツ全体からすれば、4K画質はまだ限られているのが現状です。

総務省は2020年の東京オリンピック開催をにらみ、4K放送の実用化と普及を推進しています。18年末にはNHK、民放合わせて計19の衛星放送チャンネルで4K画質による実用放送が始まる見込みです。

こうした動きも後押しして、今年以降は徐々に4Kの映像コンテンツが増えてくると思われます。

まとめ

ハイビジョンよりはるかに高精細な4K画質の映像は、大画面で見ると迫力があるため、とりわけスポーツ中継での実用化が期待されています。

4Kテレビは次第に普及が進み、今年末には衛星放送で4K画質の実用化が始まるなど、コンテンツも徐々に増えつつあります。スポーツ専門のDAZNも今年以降、画質の高度化を積極的に進めていくとみられます。



スポンサードリンク


【追記】

DAZNに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ初月無料キャンペーンをDAZNは開催中です。このお得な初月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

3分もあれば視聴を開始できます。

[PR]
⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

DAZNの無料体験についてもっと詳しい情報を調べてから試してみたいという人は、別のページにDAZNの無料体験について詳細をまとめておいたので、まずはそちらをチェックしてみてください。

自分にとってDAZNの無料体験が試す価値があるかどうかわかりますよ。

⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする