DAZNライブの視聴方法を解説 最初から見たい場合、見れない繋がらない場合の対策

DAZNは、自分の見たいタイミングに合わせて、いつでもスポーツを楽しむことができるのが魅力ですが、ライブでの配信も行なっています。

ただ一旦ライブ配信が始まってしまうと、終了するまで、最初から見ることはできないのでしょうか。またライブが見れない場合や、繋がらない場合はどうしたら良いのでしょうか。

今回はDAZNライブ配信開始後に、最初から視聴する方法、ライブ配信が見れない場合や繋がらない場合の対策をお伝えしていきます。



スポンサードリンク


DAZNのライブの視聴するには

DAZNライブの視聴はどういう手順で行うことができるのでしょうか。ライブの視聴方法自体は非常に簡単で、DAZNの公式サイトから自身のIDにてログインをするだけですぐにわかるようになっています。

ログインをすると、現在ライブで放送をしている番組の一覧が自動で表示され、カーソルを合わせて選べるようになっています。ライブで放送中の番組はカーソルの右上に、ライブと赤い文字が表示されています。カーソルが番組のタブに合わさるだけで、放送は自動的に始まりますので、見たい試合に合わせることで、ライブの試合を楽しむことができます。

視聴にあたっての注意

ただライブの視聴にあたっては注意すべき点がいくつかあります。

先ほども記載した通り、DAZNライブの現在のシステムですと、番組にカーソルを合わせるだけで勝手に放送がスタートしてしまいます。その際に最初から試合を流してくれれば良いのですが、残念ながら現在放送をしている所から、いきなり中継が始まってしまいます。これは地上波の放送と同じです。

ただDAZNの魅力である、見逃し配信のシステムに慣れてしまっていると、ライブでも同様に始めから追っかけ再生をしてくれるものだと思ってしまい、いきなり試合の途中からスタートしてしまうと面食らってしまいます。ぼんやり見ていると、途中の結果がわかってしまうのです。

試合展開を楽しみに見ている人は、試合を最初から見たいと思っている人も多いと思います。一週間楽しみに待っていた試合で、負けているところが見えてしまったりすると、見る気持ちは一気に失せてしまいます。

DAZNライブを最初から視聴するには

ライブ配信を最初から見たい場合はどうしたらいいのでしょうか。

システム上は可能となっています。ただリモコンで一度試合を止めて、巻き戻しボタンで最初まで戻すという、非常にアナログなやり方しかありません。しかもこの方法ですと、戻す作業をする過程で、どうしても一度ライブ中の試合内容を見ないといけないので、途中結果がわかってしまうという欠点があります。

どうしても途中結果が知りたくない場合は、思い切ってライブ配信を見るのはやめて、見逃し配信がスタートするまで待つのも手です。と言うのも、下手にライブ配信の後半から見てしまうと、試合結果が終わった後の様子が映ってしまい、結果がわかってしまうからです。

ライブ配信が終わってから、2時間程度で見逃し配信はスタートしますので、少しだけ見るタイミングをずらすと良いでしょう。

Jリーグ視聴での体験談

私はJリーグの試合を毎週楽しみにしているのですが、ライブ配信の時間に合わせて見ることができないことも多く、このDAZNのシステムにいつも苦しめられています。



スポンサードリンク


一度はライブ配信中をしていたことに気づかず、何気なく自分の見たい試合にカーソルを合わせたら、いきなり映像が流れ出し、うっかり試合終了後のインタビューを目にしてしまうことがありました。しかもインタビュー内容と解説者の発言で、自分の贔屓にしていたチームが大敗していたことがわかってしまい、その週は試合を見る気が失せてしまいました。

その事件以来、できるだけ見逃し配信が始まるまで試合を見るのを待つようにはしているのですが、どうしてもライブ配信中に見ざるを得ないこともあります。そういった時は放送を巻き戻して、追っかけ再生をするのですが、戻す際は非常に気を使います。

まず見たい試合のカーソルを合わせる前に必ず音声をミュートにします。カーソルを合わせた時点で放送が勝手に始まってしまうので、実況の声で途中経過がわかってしまうことのないようにするためです。さらには画面には結果が書いてあるので、画面を見ないように薄目で、巻き戻しの画面だけを見て、一気に巻き戻すという作業をしています。あまり人には見られたくない姿ですが、致し方ありません。

実際、現在のシステムに不満を抱えている人は多いようで、ネット上の情報からも同様な方法で対応されている方は沢山いることがわかります。

DAZNライブが見れない、繋がらない場合の対策

DAZNライブはアクセスが集中すると、視聴ができなくなることがあります。急に動画が止まり、読み込み中になったかと思うと、エラー表示が出てしまいます。運営側の都合で回線の不具合が生じている場合は、公式サイトでお知らせがあるので、動かないと思ったら、一度動画を止めてDAZNからのを情報を確認することが必要です。

最近はこうしたことも少なくなりましたが、 DAZNがJリーグの放送を始めたばかりの頃はよく不具合が起きていました。ただそういった際は、youtubeで見れるように誘導してくれたりと、何らかの補償はしてくれることが多いです。また調子が悪い時は無理にライブで見るのではなく、一度ピークタイムを外して、見逃し配信を利用するなど、混雑を避ける工夫は必要です。

また繋がりが悪い時は自身のネット環境もチェックしてみることも大切です。自宅のネット回線スピードが遅いと、動画は止まりやすいですし、ポケットWifiや携帯電話の4G回線などを使って見ている人は、速度制限などに引っかかっていないかも確認しましょう。

見る媒体にもよりますが、PCなどで2時間程度の視聴をするとおよそ4ギガは必要です。スマホのような小さい画面であれば、必要な容量も少なく、半分くらいの容量で見ることができるので、視聴にあたってアクシデントがある際は、利用する媒体を変えてみるのも手です。

また調子に乗って一日に何試合も見ていると速度制限に引っかかってしまうので要注意です。一旦速度制限に引っかかってしまうと、動画は読み込み中となることが多くなり、画像が不鮮明になったりうまく流れなくなったりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。DAZNでは自分の見たい試合がライブ中継されている時は少し注意が必要です。また回線が混み合っていたり、自身のネット環境の状態が良くないと、放送自体が見れなくなったり繋がらなくなってしまうので、気を付けましょう。ライブ配信に関しては、DAZNはまだまだ改善の余地があるので今後に期待しましょう。



スポンサードリンク


【追記】

DAZNに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ初月無料キャンペーンをDAZNは開催中です。このお得な初月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

3分もあれば視聴を開始できます。

[PR]
⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

DAZNの無料体験についてもっと詳しい情報を調べてから試してみたいという人は、別のページにDAZNの無料体験について詳細をまとめておいたので、まずはそちらをチェックしてみてください。

自分にとってDAZNの無料体験が試す価値があるかどうかわかりますよ。

⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする