DAZNでのJリーグ中継の視聴方法

DAZNに加入することでJリーグ中継を視聴することができますが、視聴方法はどうなっているのでしょうか。今回はDAZN初心者さん向けにJリーグ中継の視聴方法についてまとめました。



スポンサードリンク


DAZNでJリーグ中継の視聴を開始する方法

DAZNインターネットを利用した動画配信サービスを行っており、加入することでJリーグをはじめ、様々なスポーツを見ることができるようになります。

DAZNの公式ホームページにアクセスして、会員登録をするだけで視聴することができるようになるので、手続きは非常に簡単です。

公式ページのトップページに行くと、新規申し込みというタブをクリックできるようになっていますので、そこを押すと、登録画面が現れるようになっています。そこで名前、メールアドレス、パスワード、支払い方法を入力することで会員になれます。

料金

月額料金は税抜きで1750円、docomo会員なら DAZN for docomoを利用して、なんと税抜き980円で利用をすることが可能です。料金の支払いは基本的にはクレジットカード、もしくはデビットカードが必要となり、この方法が一番シンプルで簡単ですが、iTunesのアカウントを使って会員登録もできるので、その場合であればiTunesギフトカードを使って利用をすることもできます。

用意するもの

視聴にあたって必要なものもシンプルです。インターネット回線を利用して動画を見るので、パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使うことで視聴することができます。またAmazon Fire stickなどを使えば、TVで動画配信サービスを見ることもできるようになるので、大画面でも楽しむことが可能です。

ただ、DAZNで1試合見ると通信量が少なくとも4ギガ程度の使用が必要です。ですので、スマートフォンの4G回線などを使用して見るのは、少し厳しいかもしれません。携帯のプランによっては使用量の上限があるので、速度制限に引っかかってしまう可能性があります。

DAZNでどんな内容が観れるのか

DAZNの魅力は豊富なコンテンツ量です。加入することで、国内海外問わず、野球、サッカー、バスケ、テニスをはじめ、プロレス、F1、ダーツなど様々なスポーツを観ることができます。その中でもJリーグは注目コンテンツの一つです。Jリーグに関しては、2018年現在、DAZNが独占放送権を持っているため、(地上波ではたまに放送はありますが)毎節、全試合を見ることが可能です。また試合後は、各試合ハイライトが見れるようになっています。

2つの配信方法

またDAZNの放送には、ライブ配信と見逃し配信動画の2種類があります。ライブ配信はリアルタイムで放送をする形式です。試合結果をいち早く知りたい方はライブを見て臨場感を味わうことができます。

もう一つが見逃し配信で、こちらはDAZNの魅力の一つとしてよく挙げられています。これは放送が終わった試合を一定期間、配信し続けてくれるサービスです。ですので、リアルタイムで試合を見ることが出来ない人でも全く問題なく、いつでも好きなタイミングにて試合を最初から見ることが出来ます。

Jリーグに関しては試合後も30日間は見逃し配信を続けてくれます。もちろん期間中は何度も見ることが出来ます。これで1750円は非常にお得な内容と言えるのではないでしょうか。



スポンサードリンク


Jリーグは全試合見れるのか?

Jリーグはカップ戦を除き、DAZNが独占で放送しており、非常に力を入れているコンテンツであるといえます。JリーグはJ1からJ3までプロリーグがありますが、DAZNであればJ3までの全ての試合の視聴が可能です。U23のチームを除くと、J3までで全部で54チームあるので、毎週末はたくさんの試合が配信されます。いろいろな試合を見ることで、お気に入りのチームがきっと見つかることでしょう。

それにしてもDAZNがJ3の試合までカバーしてくれるのは本当にありがたい話です。DAZNの前はスカパーがJリーグの放送権を持っていたのですが、J2までの試合までしか放送してくれませんでしたし、値段も月額で3000円近くしていました。DAZNの参入により、これまでのJリーグ中継のサービスのあり方そのものが大きく変わったのです。

私の地元のチームもずっとJ3にいたので、スカパー時代は試合が見たくても見れませんでした。DAZNになってJ3をカバーしてくれるようになったので、おかげさまで、今では毎週末のJリーグ中継が新たな楽しみとなっています。

2018年度のJリーグ中継は中断期間がある

ワールドカップ中は、多くの選手がワールドカップに参加してしまうため、J1は中断期間に入ります。そのため、約2ヶ月間ほどJ1は放送がありません。再開は7月18日の水曜日からとなっています。ただ中断期間中も、J2、J3リーグは、通常通り毎週試合を行いますので、DAZNでJリーグの配信は続きます。

J2、J3は、J1に比べると注目度は低いですが、将来有望な若手選手がいたり、自分の出身地のチームがあったりして、意外な発見が多いカテゴリです。降格や昇格のプレーオフなどもあり、J1に負けず劣らず、面白い試合が多いです。

またJ3は、FC東京、セレッソ大阪、ガンバ大阪のU23という下部組織のチームがあるので、J1中断中はここに、J1で出場する選手などが出てくる可能性があります。またFC東京には、FCバルセロナの下部組織、カンテラで活躍した久保建英選手が所属しており、彼はU23のチームで出場することも多いです。まだ16歳という若さですが、将来的には海外でプレーすることも期待されている選手です。未来のワールドカップのスターのプレイをしっかりと見ておきましょう。

J1再開後は、イニエスタ選手が加入したヴィッセル神戸の試合が注目されるでしょう。彼はスペイン代表でもあるので、ワールドカップのスペインの勝ち進み具合によっては、Jリーグ再開後、すぐに試合に出ることは難しいかもしれません。ただ怪我などがなければ、リーグ後半戦で必ず出場してくるはずです。今のうちからJリーグを見ておけば、イニエスタが出場する試合を、より深く理解して楽しめることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ワールドカップ期間中はJ1は中断されるとはいえ、J2、J3のリーグ戦は続きます。今後、海外の有名選手もJリーグで戦うことになりますし、ワールドカップでサッカー熱も高まることでしょう。この機会にDAZNのJリーグ中継の視聴方法を確認し、サッカー観戦を楽しめるようにしましょう。



スポンサードリンク


【追記】

DAZNに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ初月無料キャンペーンをDAZNは開催中です。このお得な初月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

3分もあれば視聴を開始できます。

[PR]
⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

DAZNの無料体験についてもっと詳しい情報を調べてから試してみたいという人は、別のページにDAZNの無料体験について詳細をまとめておいたので、まずはそちらをチェックしてみてください。

自分にとってDAZNの無料体験が試す価値があるかどうかわかりますよ。

⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする