DAZNのデバイスは複数で使用可能 2台目の登録方法も解説

DAZNのデバイスは複数で使用可能です。一つのIDでDAZNに登録できるデバイスは6台まで登録可能です。しかもDAZNのデバイスは複数使用可能で、2つのデバイスまで同時視聴に対応しているので、自分が自宅でJリーグを見ていても、子供が外出先でJリーグを見ている、なんて夢のようなことが可能なんです。そして、2台目以降の登録方法はとって簡単なんです!



スポンサードリンク


誰もがDAZNを複数のデバイスで見られるようになった

DAZNを見ることができるデバイスが増えてきましたので、多くの人がDAZNを視聴することができる複数のデバイスを所有するようになりました。でも、複数のデバイスでDAZNを見ているよ、という人は少ないのではないでしょうか。せっかくDAZN視聴可能なデバイスを複数台持っているのだから、全てのデバイスをDAZNに登録してしまいましょう。

2台目以降の複数デバイスを使う場合の登録方法はとっても簡単

デバイスを複数使う場合の、2代目以降の登録方法はいたって簡単、見たいデバイス、例えばパソコンならブラウザ、その他のデバイスならアプリを使ってDAZNにログインするだけ。はいそれでおしまい。超簡単でしょ?

なお、2端末同時視聴中に3台目でログインすると、一番最初にログインした端末が強制的にログアウトとなとなります。

登録デバイスの管理は「マイ・アカウント」で

こんなに登録が簡単だと、どのデバイスが登録されているかを忘れてしまいそうですが、登録されているデバイスは、ログイン後のマイ・アカウント画面で確認したり、削除したりすることができます。

複数デバイスを登録してどこでもいつでもDAZNを楽しもう

DAZNのデバイスは複数で使用可能ですから、色々なデバイスを登録して、色々な場所でいつでも気軽に楽しみましょう。自宅ではテレビの大画面で、通勤・通学じはスマホで、遠征先ではタブレットで。環境に合わせて適切なデバイスを使えば、DAZNをより楽しむことができます。

サッカー応援、遠征先での最大の楽しみは勝利の試合を見ながらの祝杯

アルコールが飲むことができる大人の場合、サッカーのアウェイ遠征時の最大の楽しみは、勝利の後の祝杯ではないでしょうか。その祝杯の時に、見てきたばかりの勝利を見ることができたらどんなに楽しいことでしょう。
スカパーの時も、スマホやタブレットを使って、外出先でライブ、見逃し配信を楽しむことはできました。でも、テレビの大画面では、録画をしていなと試合後に楽しむことができませんでした。
DAZNは、6台ものデバイスを登録でき、デバイスの種類もたくさんあるので、見る人の好みに合った視聴方法を選ぶことができます。

DAZNが視聴可能なデバイス

Jリーグ中継が始まった頃は、DAZNを見る方法はAmazonFireTV一択かパソコンやスマホ、タブレットなどの情報機器だけのような感じでした。だから当時は、パソコンやスマホの小さな画面でなく大きな画面でサッカーを見たい!なんて文句をいう人がたくさんいました。実際は、AmazonFireTVを使えば比較的高画質の大画面でJリーグ中継を楽しむことができました。あまりインターネットに詳しくない人には、AmazonFireTVですらめんどくさいオタク向けの機器として映ってしまったようです。



スポンサードリンク


DAZN開始から1年、様々なデバイスでDAZNを楽しむことができるようになった

DAZN開始から1年が経ち、様々なデバイスでDAZNを楽しむことができるようになりました。パソコンやスマホ、タブレットだけではなく、テレビ単体でもDAZNを楽しめるようになったのです。

Androidなどが入った高価なスマートテレビばかりでなく、DAZN視聴用アプリが入ったテレビが増えてきて、テレビの大画面でDAZNを楽しむことができるようになりました。今では32インチの液晶テレビでも5万円もしないで買えるようになり、さらにDAZN視聴可能なアプリが入っているものが多くなっています。

現時点でDAZNを楽しむことができる端末

DAZNの市長は、本当に色々な環境、デバイスで見られることができるようになりました。主なデバイスを以下のとおりまとめて見ました。

パソコン:Windows、Macintosh
スマートフォン:iPhone、Android
タブレット:iPad、Android
amazon:FireTVStick、FireTV
Apple:AppleTV
ひかりTV:ひかりTVチューナー
ゲーム端末:PS3、PS4、X-Box
テレビ:各社スマートTV、DAZN視聴用アプリ導入テレビ

どのデバイスが一番見やすいのか

さて、たくさんあるデバイスでおすすめのものはどれかといえば、それぞれ一長一短があって、これがオススメ!と強くいえないような状況です。それ相応の金額のデバイスであれば、画質は大きな画面でも見辛いということはないようです。

手軽なのはAmazonFireTVStick

一番安価で手軽に見ることができるAmazonFireTVStickは、画質、性能ともそれなりです。同じAmazonのFireTVの4K・HDR 対応製品と比べると、だいぶ画質が落ちてしまうのが難点です。特に長時間使っていると本体にかなり熱を持ち、映像が止まることが多くなてしまいます。しかし、購入金額が5,000円以下とかなり安価なので、とりあえずDAZNの使い勝手をチェックするのに最適です。

最近増えてきたDAZNアプリ入りのテレビの使い勝手は?

スマートTVやDAZNアプリ入りのテレビは、専用のチューニングがされているのか、かなり高画質で見ることができ、AmazonFireTVStickの画質とは雲泥の差です。それでも、その画質はスカパーやBSなどの一般の放送には劣りますが、画質の比較をしない限り、ほぼ不満のないレベルです。

セットボックス対応の使い勝手は?

AmazonFireTV4K・HDR 対応製品やAppleTV、ひかりTVチューナーなどのセットボックスタイプの画質もテレビ単独の画質とほぼ同程度で、安心してみることができるレベルです。
どのセットボックスタイプを選ぶかは、DAZN以外のサービスの内容によりますい。どのセットボックスを選んでも、DAZNの視聴という点では大きな問題は無いはずです。



スポンサードリンク


【追記】

DAZNに興味があるなら一度は試してみたいですよね。

「楽しめるのかどうか使い勝手を試したい!!でもお金は使いたくない!!」

そんな時に役立つ初月無料キャンペーンをDAZNは開催中です。このお得な初月無料キャンペーンはいつまで継続されるのかわからないので、興味がある方はいますぐに試してみましょう。

3分もあれば視聴を開始できます。

[PR]
⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

DAZNの無料体験についてもっと詳しい情報を調べてから試してみたいという人は、別のページにDAZNの無料体験について詳細をまとめておいたので、まずはそちらをチェックしてみてください。

自分にとってDAZNの無料体験が試す価値があるかどうかわかりますよ。

⇨DAZNをいますぐに無料で使ってみる!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする